いい土地を確保する3つの方法

あたりまえですが、家は土地がなければ建ちません。成功する家づくりのポイントのひとつは、いい土地を確保できるかどうか。

1)不動産会社だけでなく、建築会社にも相談する。

ご両親から譲り受けた場合も、これから土地を購入する場合も、その土地に建てられる家の大きさや高さなど、家を建てる場合には知っておくべき法律がいろいろあります。

土地を買ったけれど、建ぺい率や高さ制限で思い通りの家が建てられなかった、というのでは困ります。土地を探す場合には、不動産会社だけでなく、建築会社にも土地を見てもらうと、家を建てるにあたっての不利な条件も教えてもらえます。

2)予算を正しく見極める。

土地を買って家を建てる場合、土地と家の予算配分が重要です。

土地の広さや立地を重視するなら土地の取得費用を多めに、家の大きさや仕様を重視するなら建築費用が優先になるでしょう。自分たちのライフスタイルを考えて、バランスのとれた予算配分が必要です。

また、同じ面積でも形状や立地によって土地の価格は大きく違いますので、予算額だけに縛られず、まずは専門家に相談するのがベストです。

3)公開前の情報を手に入れる。

不動産会社の広告を見て問い合わせしてみたら、欲しいと思う所はすでに売れていたという経験はありませんか?

不動産会社が土地の情報を得てからインターネット上に掲載されるまでにはタイムラグがあります。まして新聞や雑誌であれば、発売されるまでの間に売れてしまうことが多いのです。

ですから、いい土地を見つけたいと思ったら「公開前」の情報を得ることが一番です。

スタイリッシュハウスでは、ご希望の方に公開前の最新土地情報をご提供しています。

『最新未公開土地情報メールサービス』は、不動産検索に掲載される前の一般市場未公開土地情報や優良物件をメールでお知らせするサービスです。メールアドレスを登録された方にはいち早く情報を送信いたします(無料)。

このページの先頭へ戻る